防犯カメラ・監視カメラなら防犯カメラ本舗へ

受付時間 9:00~19:00

0120-917-350

 

 

新着情報

新着情報

 初心者講座~防犯カメラの性能の違いとは?~

今回はカメラ性能の違い”をまとめてみました。

よく聞くものや、聞いたことはあるけどよく分からない…等ありませんか?

お客様から質問を受けるものまで、簡単にまとめてみました!


前回は形と配線でしたが今回は性能の種類の違いです。

ページ内目次特徴の違い
夜間の映像の違い
ズームの違い

前回まとめ記事⇒カメラの種類って何があるの?

 特徴の違い

まずは、防犯カメラの”特徴の違い”についてです。

 PTZ  :パン(Panoramic View)・チルト(Tilt)・ズーム(Zoom)の頭文字。

     パンは左右、チルトは上下、ズームは前後に動く。設置後に遠隔操作で動かせます。

サーマル:主に熱検知を目的。遠赤外線を検出するセンサーが搭載されています。
     コロナ禍の今、
名前を聞いたことがある方も多いのでは。

 AI :AI(人工機能)搭載で、動体検知や顔認証、人数カウント等
     AIに覚えさせると、異常があれば知らせてくれます。
     医療、介護現場や店舗の万引き対策で使用のされる方が多いです。


 魚眼 :360度全方位撮影できます。丸く映るのが特徴。
     右の画像はカメラのソフト上で4分割にし湾曲を補正した映像です。
     他にも最大8分割に切り出すことが可能です。




↓弊社に取り付けている魚眼レンズのカメラ映像です。
<img src="/user/media/bohan_lp/1/sozai/kamera3.jpeg" width="45" height="45" /> <a id="c1"></a>特徴の違い

 夜間の映像の違い

お次は防犯カメラの”夜間での映像の違い”についてです。


主に、夜間や光が届きにくい所での撮影時に機能を発揮します!



スターライト :暗視カメラともよばれ
        暗い所でも僅かな光さえあればカラーで鮮明に撮影します。



赤外線カメラ :カメラから赤外線を照射し、暗闇でもくっきりと撮影します
        (モノクロの映像となります。)

          赤外線の光が届かない場所は撮影不可です。




似たようなスペックではありますが、
スターライトはカラー、赤外線はモノクロとなります。
もちろん、日中はカラー映像ですよ

<img src="/user/media/bohan_lp/1/sozai/kamera3.jpeg" width="45" height="45" /> <a id="c2"></a>夜間の映像の違い

 ズームの違い

最後は防犯カメラの”ズームの違い”についてです。

現在のズーム機能は2種類です。


デジタルズーム:撮影範囲を変えずに撮影した画像の一部を引き伸ばしたり
        切り抜いたりして拡大する。(トリミングのようなもの)

        元の画像のサイズは変わらないので、大きくすればするほど、
        画素数は減って画像は荒くなってしまいます。
        録画の見返しで詳細を確認することが多いです!



 光学ズーム :レンズの焦点距離を大きくしたり小さくしたりして拡大する。
        デジタルズームとは違って実際の画像をズームしているので、
        大きくしても画素数に影響がでることがありません。
        リアルタイムで詳細を確認する時に使用することが多いです!