防犯カメラ・監視カメラなら防犯カメラ本舗へ

受付時間 9:00~19:00

0120-917-350

 

 

事例紹介

事例紹介

【きっかけ】

ご自宅の敷地内に何かの燃えカスのようなものが落ちていたり、悪戯が起こっていたそうです。
親御様は夜勤で自宅を空けることもあり、お子様だけで留守番ということも少なくないそうです。
そこで、セキュリティー面が心配だということでお問い合わせいただきました。

【提案】

先ずは、カメラについてですが敷地内への進入経路である前面を移す形で1台設置しました。
カメラ付インターフォンであっても、死角に入り込み出てきたところを襲うという犯罪も
起こっているので、玄関先のインターフォン前も写す形で設置しました。
 
次に、ホームセキュリティーについてですが、ドアや窓を少しでも開けると反応するセンサー、
火災報知機と連動するセンサーを設置しました。

当社でご提案させていただいたホームセキュリティーについてですが、先ず、センサーが反応すれば

耳をつんざくようなけたたましいサイレンの音と光で侵入者を威嚇します。

その音だけでも普通の人ならば、正常な判断が出来ないぐらいの音量です。

そして、電話回線に接続することにより、同時に設定した携帯電話や固定電話へ通報をします。

そこで、ご自宅に設置したメインユニットより声を出したり、その場の音を聞いたり出来ます。


火災報知機やモーションセンサーに関しても同じように、人の動きや熱、煙を感知すると知らせます。

 また、簡単な操作はキーホルダータイプのリモコンでできます。

【提案】

使用用途としては、不在時の警戒のみならず、在宅時にもドアや窓が少しでも開いた場合

チャイムが鳴りお知らせしてくれたり、お子様が一人で留守番をしている際に不審者が尋ねて来れば、

リモコンでサイレンを鳴らしたり、設定した親御様の携帯電話に通報がいくという使い方も出来ます。

【まとめ】

親御様もサイレンの音の大きさにはびっくりされ、これならば安心だとおしゃっていただきました。
また、携帯電話に通報がいくことに関心をされていらっしゃいました。
個人のお宅のみならず、個人商店などの大層なセキュリティーまでは・・・という方にもオススメです。