防犯カメラ・監視カメラなら防犯カメラ本舗へ

防犯カメラ設置NO1の実績 関西エリア
TOP > 防犯コラム > 防犯カメラ設置前後 犯罪認知件数の比較

防犯カメラ設置前後 犯罪認知件数の比較




みなさんこんにちは。
防犯設備士のYです。

今週のブログでは、防犯カメラに関する面白い研究の記事を見つけたのでご紹介させて頂きます。


「警察が設置する街頭防犯カメラシステムに関する研究会」と題されている研究ですが、内容は防犯カメラ設置前と設置後の街頭犯罪の推移を比較するというもの。
神奈川県の川崎市をモデル地区としています。
この川崎市はオフィス街、商店街のほか風俗営業店、深夜営業の飲食店等が混在している駅前地区と通学・通勤路とされている周辺地区から構成されており、小中学校や病院、公園が風俗営業店や競馬場等と近接している地域でもあります。

今回の研究では繁華街を中心に、通勤・通学路や公園に計50台の防犯カメラを設置し、設置前後の街頭犯罪がどのように推移したかを見ています。

その結果は下の表↓


4.25表1.jpg
「警察が設置する街頭防犯カメラシステムに関する研究会」より抜粋https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki8/7th_siryou_2.pdf


刑法犯の認知数は川崎署の管轄地区内では平成21年に比べ翌年は25.9パーセント減。
設置地区においては平成21年の認知件数が2000件であるのに対し、翌年には31パーセント減の1376件となっています!神奈川県全域と比較しても減少幅が際立って大きいのが分かりますね!



4.25表2.jpgのサムネール画像

「警察が設置する街頭防犯カメラシステムに関する研究会」より抜粋https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki8/7th_siryou_2.pdf



防犯カメラ設置地区と川崎署管内のその他の地域を比較しても、設置地区の犯罪の認知件数の減少は際立って大きいです。
一概に防犯カメラの効果のみでの減少とは限りませんが、防犯カメラの要因が大きいと考察されています。


今回の研究では犯罪の認知件数の推移の他にも住民の方々にアンケートを実施し、防犯カメラについての理解と期待を調べています。



4.25表3.jpg



住民の方々の防犯カメラに対する意見としては、プライバシーよりも「安心・安全」を重視するという回答が9割を超えており、地域住民の防犯カメラに対する支持率は非常に高い結果となっていました。

一昔ではプライバシーの問題もあり、防犯カメラに否定的な意見が多かったですが、管理が厳格化されたことや録画機の機能でプライバシーを保護できるマスキング機能も追加され、プライバシーに関する配慮が可能になったことで住民の理解も増えてきているようです。

現在、国内には約400万台の防犯カメラが設置されているという事ですが、今後防犯カメラはますます普及し、増え続ける犯罪に対して活躍していってくれることでしょう。

それでは今回はこの辺で。
また次回もよろしくお願いします。




その他の 防犯コラム

防犯ニュース 世田谷の住宅街で落書き 大学生逮捕

みなさんこんにちは。防犯設備士のYです。今回のブログではこちらのニュースをご紹...

続きを見る

よくある質問 SDカード式カメラ

みなさんこんにちは。防犯設備士のYです。今回のブログでは、お客様からのよくある...

続きを見る

防犯カメラニュース 患者情報4万8千件盗難 医師、車上荒らし被害

みなさんこんにちは。防犯設備士のYです。今週のブログではこちらのニュースをご紹...

続きを見る

防犯カメラニュース 大阪の街頭犯罪、15年連続ワースト1 ひったくりも4年連続最多

みなさんこんにちは。防犯設備士のYです。今回のブログではこちらのニュースをご紹...

続きを見る

防犯カメラニュース 入店断られ客に頭突き 長野県警警部補を逮捕

みなさんこんにちは。防犯設備士のYです。今回のブログでは毎日新聞からこちらのニ...

続きを見る